貸し会議室やバーチャルオフィス~コストカットのノウハウ~

meeting room

物件を借りる

これまでの歴史や変遷。

笑顔

これまでは賃貸においては、貸主と借主の直接的がありましたが、最近では主に不動産仲介業者を挟む様になり、いわゆるマンション経営におけるオーナーと管理会社の提携、仕組み、役割が強くなってと言えるでしょう。こうした管理会社なくして、不動産経営、賃貸業は成り立たないといっても過言ではないでしょう。通常、仲介不動産業者と管理会社は同じ場合もありますが、仲介だけして、管理会社は別の会社になる場合もあります。それだけ物件が各業者毎に重複して持っている場合もあります。それだけ複雑化していると言え、また書く業者毎に仲介手数料が異なったり、敷金、礼金等の条件が異なったりする傾向にあります。ですので利用者はいくつかの不動産業者を回ってみるのがよいかもしれません。

今後の動向についての予測。

こうした物件の紹介というシステムに関しては、今後も継続されると予測できるでしょう。反対にこうした傾向は加速度的に進んでいく可能性があると言えます。こうした理由としては、例えば、東京オリンピック招致により、その周辺の物件の価値が挙がったと聞きます。それだけなく、新築マンション、中古マンション等の物件の多さが目立ち、それだけ供給量が増えている点が理由になります。またそれ以外にも、最近はカーシェアリング形式の通常の家の一室を貸すいった様なシステムも提供され、不動産業態が複合化してきていると言えるのではないでしょうか。詳しくはインターネット上で検索すると本当に多くの企業が参入しているのがわかります。そうした中で、気になる物件があれば、問い合わせ、資料請求等行うのが望ましいと言えるのではないでしょうか。是非参考にしてみて下さい。